Shoji Yoshida / Nagano Alternative ″Landscape” 2016_02

ナガノオルタナティブ 2016_02
「ランドスケープ」吉田昌司展

私は人の姿を表現したいと思い制作しています。作品を発表始めた東京での生活の中で、樹木のように成長していく姿を想像して樹日(じゅひ)と言う作品を制作しました。そして長野に帰り素材を焼き物に変え半具象的な表現をクラスターと名付けて制作し始めました。これまで制作してきた作品の移り変わりを一緒に観ていただき、何かイメージして頂けたらと思います。
http://www14.plala.or.jp/y-shoji/

2016 9/13,14,15,16,17,21,22,24,28,29,30 / 11days
13:00~17:00 ¥500-
@ FFS_Warehouse Gallery

Contemporary Art Exhibition by the works of scale that correspond to FLATFILESLASH warehouse gallery.
Landscape_02 Shoji Yoshida Sculpture

nagano alternative

「ランドスケープ」
「景色」とは何か。まるで愛撫することによってでしか、存在の意味と信頼を獲得することができないかの臆病な慎重さで、彫刻を行う者は、指先で世界を辿り幾度も撫でてはもみ潰し樅伸ばしてモデリングする。山々の隆起やあの時の光景をそのひと捻りに時には封じ込め時には解放させる。彼によって形成されたボリュームは、現実のひとつとして世界に並べ置かれ、人間の指先の痕跡の挙げ句と成って触覚的にヒトの精神の領域へ親和し、あるいは背反し、その全的光景の一部をつくりあげていく。
 「ランドケープ」をテーマに展開する2016年ナガノオルタナティブ2回目の企画展として、彫刻家吉田昌司氏を招聘する。

shojiyoshida-08
shojiyoshida-09

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *