スラカン063018

    「公募展」について

    7/1より開催するDT18(ドローイング2018、タブロー2018)に合わせ、搬入セッティング完了時に、所謂作家出現、発掘、作品展開ステージとしての、公的あるいは自主的な「公募展」の意味と価値を巡って、カンファレンスを行ないます。
    2016年より開催してきた、当該施設での公募DTは、額縁工房FLATFILEとギャラリースペースという場所の性格から導かれた作品展開ステージであり、ドローイングとタブローという作品フォーマットを捉え直し、活性化を測りつつ、地域の若手作家作品の出現を期待するものです。同時に中堅作家による賛助参画も加え、作品が販売される時空を提供し、作り手に利益還元を促し、受け手に優れた作品を提供する場として、内外の公募展とは多少趣の異なったものとなって継続しています。

    互恵性を高めたこうした企画をよりよいものとするために、多くの意見を交錯させながら、現在をみつめたいと願っています。

開催日時:2018年 6月30日土曜日午後4時より
場所:フラットファイルスラッシュ倉庫ギャラリー
参加費:¥500-/1 回 
会員登録:スラカン年会費¥3000-/ 9 回 (オリジナルカンバッチにて年会員証とする)
進行:町田(FFS 倉庫ギャラリー企画管理)
カンファレンス考 >> (machida memo)



slastu2018

スラカン052518

    「藝術が生まれる場所」について

     藝術作品は美術館と画廊、コレクター所有されるだけなのだろうか?
    FFS倉庫ギャラリーという場所は、送り手(制作者)と受け手(観客)にとって、どのような場所の意味を持たせるべきなのか。
    単なるアウトプットの場所としてだけでなく、どのようなインプットの機能性を構造化させることが可能なのか。
    「ナガノセッション」「常設10×10」新規企画の基本構築に、スラカン参加者の意見を吸収させながら、FFSの場所性に関してを中心に、意識交感できればと考えています。
    お気軽にご参加ください。寛ぎながら共有するこうした時空自体が孕むモノに期待しています。

  • 開催日時:2018年 5月25日金曜日午後4時より
  • 場所:フラットファイルスラッシュ倉庫ギャラリー
  • 参加費:¥500-/1 回 
  • 会員登録:スラカン年会費¥3000-/ 9 回 (オリジナルカンバッチにて年会員証とする)
  • 進行:町田(FFS 倉庫ギャラリー企画管理)
  • カンファレンス考 >> (machida memo)


  • slastu2018