S & V 111718



「ほったてる」
960 x 1020 x 2200 mm
木材・鉄棒・ビニール・電球・販売作品(インスタレーション作品内部に設置)
中村明
「そこらへんにあった木材でつくりました」



「雲と鳥影」
木片・アクリル絵具・クレヨン・色鉛筆
疋田義明
¥3000-


yoshiakihikita-svw-list PDF >>

「バラバラな物事」
71パーツ作品の集積体(格パーツ作品個別販売¥3000-)
木片・アクリル絵具・クレヨン・色鉛筆
疋田義明
「額縁の切り落としたものを頂いたので、それがちょうど72個あり、また同じ大きさだったので、組み合わせたりして遊んでいました」



「いのちにょき POW WOW」
販売価格¥ask
鉄鏡(ガードミラー)
KATO SHIMON PAX
「命」


「脱皮」
宮崎友里
「無防備に生まれてきた」



「乗っ取られた秘密基地」
宮崎純一
「結局、誰のものでもない」


「皮膚片」
宮崎純一
「可能性」


「Homage to Damien Hirst 「Pharmacy」」
KOJI MORIYA + m&n
「ダミアンハースト作品「Pharmacy」のオマージュ作品」




「」
木炭紙・古木・枝・木箱
納和也



「場所の水うさぎ」
wide 5500 x depth 1500 x high 1700 mm
錆びた鋼材・枯れた草・動物の体毛・石灰塊・テレピン油
北澤一伯
「現地から250mほど離れた渓谷の底は重力の芯の場所であるかのようだ。其所に近づき、また遠ざかる。あるいは、ある一点から別の部分へ眼差しを移し、細部から全体へ、またその逆に、視線の往還運動をくりかえす。仕草に応じて、斜面の物質感とでもいうべき力の沁みこんでいる素(もと)が観える。うさぎ狩りの所作には無知だが、場所から水うさぎ(跳躍性と渾名でよばれる・・・)を叩きだす。それ故に、記憶の揺籃からくる打ち身の痣のようなものは消えることはないだろう」



「結界」
2000 x 2000 x400 mm
ギャラリー近辺の里山にあった枯れ木、落ち葉、植物、葉っぱ、実
丸田恭子
「こちら側とあちら側、あの世とこの世、現象界と潜象界
異次元はどこか遠い彼方にあるのではなく私たちのすぐそこに存在するもの。
ごく身近で収集した自然のものを使い円形の結界を作ってみようと思いました」



「ウィトゲンシュタインのペントミノ」
「pile hole rope」
「モランディー塊置」
「Encyclopedia Stepping」
ガラス・古材・ロープ・ドミノ牌x400・椅子・ブリタニカ百科事典
町田哲也
「「目的から逃れる」「目の前の折衝を見極める」「行動と決断という形象」つまり現在「今此処」に自身を集めるメソドを、出来事(立体的形象)へ転じてみたいわけだが、この時「創作責任」のようなものに、「記憶」、「史実」、地勢地質的「他者」的な存在を恣意の手垢を与えず横に置く。ほぼ30年の間つづけている写真撮影(画像の選択ー現像ー観察探求)の示した「静止」=石のような事象への認識に流れ込む、オマージュという態度、フォークロア、カルチャル・アンソロポロジーを都度学びとして更に併置する」



sv111918 PDF >>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *