DT17

D17 / drawing 2017
2017 8/4,5,10,11,12,17,18,19,24,25,26 13:00~17:00
2017 8/5 16:00~ openning party
@ FFS_Lounge Gallery / FFS 企画

素描(そびょう、すがき)、デッサン(フランス語: dessin)、ドローイング(英語: drawing)とは、物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作技法、過程、あるいは作品のこと。これに準ずるものを指す場合もある。- wiki

展示期間:2017 年8 月4 日~ 8 月26 日 木・金・土 13:00~17:00 入場無料
出品参加費:作品1 点につき¥5,000-
展示形態:FLATFILESLASH ラウンジギャラリー壁面に設置可能なドローイング作品*であり、売却可能態(フレーム・パネル)であること。
参加資格:問わない。
販売形態:作品が売却された場合、売却額は全て作家に帰すものとし、主催側からの徴収はない。
作品搬入:8/3 木に出品申込・参加費を納入後、出品参加作家自身による搬入及び設置を行う。
*ドローイング作品の解釈は広義なものとする。*650mm 正方以内(シート)。*ひとり2 点まで出品可。
*T17 との同時応募出品可。


T17 / tableau 2017

タブロー(仏: tableau)とは、壁画ではなく、板絵やキャンバス画を指す。また、絵画に於いて完成作品を指す言葉でもある。訓練としてのデッサンとは対称を成し、完成を目的として制作されたもののことを言う。タブローとデッサンの関係は曖昧であり、タブローの中にも訓練的要素を含んだ作品があり、またデッサンの中にも完成作品として制作されたものや、完成作品としての価値を認められるものがある。 また、活人画という意味で使われることもあり、クリスマスの時期になると、全国各地の多くのキリスト教系の学校でクリスマスタブローと称したキリスト生誕の様子を模した劇が行われることがある。 – wiki

2017 8/4,5,10,11,12,17,18,19,24,25,26 13:00~17:00
2017 8/5 16:00~ openning party
@ FFS_Warehouse Gallery / FFS 企画

展示期間:2017 年8 月4 日~ 8 月26 日 木・金・土 13:00~17:00 入場無料
出品参加費:作品1 点につき¥8,000-
展示形態:FLATFILESLASH 倉庫ギャラリー壁面に設置可能なタブロー作品であり、売却可能態であること。*大きさは1620mm 正方以内。
参加資格:問わない。
販売形態:作品が売却された場合、売却額は全て作家に帰すものとし、主催側からの徴収はない。
作品搬入:8/3 木に出品申込・参加費を納入後、出品参加作家自身による搬入及び設置を行う。
*タブロー作品の解釈は完成体とし、規格画布ならばF100 以内(F・P・M・S)とする。
*D17 との同時応募可。

dt17 PDF >>

80s90s

80S90S

2017 5/3,4,11,12,13,18,19,20,25,26,27 – 11 days – 12:00~17:00 ¥500-
於:FLATFILESLASH 倉庫ギャラリー
5/27 sat 15:00~ クロージングパーティー

 地域で制作活動する1980~1990年代生まれの若手作家による企画展を、FFS倉庫ギャラリーに於いて開催します。

出品参加作家

疋田義明 (1992~)
今井あみ (1990~) http://imaiami.net
塩原理絵子 (1985)
君島しょうたろう (1985~)
小林冴子 (1983~) http://saekoworks.jugem.jp
鈴村優 (1983~)* https://yu-s.jimdo.com
*ドア画像作品 /「重力に引かれる光」131×162 (F100)キャンバスにアクリル(2016)


80s90s17 PDF >>


出品作品・作家

「シカの絵」
1000 x727 mm パネル、アクリル絵具、オイルパステル ¥150,000-

「黄色い動物」
F100 号 (1621 x1303mm) キャンバス、油絵具 ¥150,000-

疋田義明 : 1992~ / 武蔵野美術大学油絵学科卒。卒制優秀賞。個展:トポス高地2015 / シーズプログラム東京 第 6 回「WHERE I’M CALLING FROM」、D15、ナガノオルタナティブ2015、 N-ART ガレリア表参道、ミゲル&ジュリアン&ローレンのグレー・オブ・グレー、トポスパブリック2017_01


「人の気は変わる、私の気も変わる」2016
F120 オイルパステル、透明水彩 ¥50,0000-

「予感」2016
F20 オイルパステル、アクリルガッシュ ¥27,000-

「それでも存在する」2017
F40 オイルパステル、透明水彩、インク ¥39,000-

今井あみ: 1990~ / 個展: TOPOS 高地 2015、ギャラリーアンデルセン、献血センター (TOiGO2F)、豆蔵、TOPOS 高地 2016、zaku・zack 展、小さなアート展 vol.2、studio34,NY、” nagano art file” @saniwa Art Project 沙庭、” FLAT FILE Selection” @Blank、ACT ART COM 2016、NAF2016 10×10、EXISTvol.14 JINEN GALLERY


「無抵抗であること」 1620 x1315 mm F100 油彩 ¥50,000-

「それでも抵抗すること」 1620 x1315 mm F100 油彩 ¥50,000-

塩原理絵子 : 1985~ / 安曇野市在住。大学生時代より制作を始める。意識と言葉の間を行ったり来たりすることが制作の源である。地元にてグループ展参加、個展開催。


「月光」
970 x1303 mm アクリル、油彩、キャンバス ¥400,000-

「水の面」
1455 x1120 mm アクリル、油彩、キャンバス ¥450,000-

「信仰」
1167 x910 mm アクリル、油彩、キャンバス ¥350,000-

君島しょうたろう: 1985~ / 長野市在住 現在無所属 合気道三段(NPO法人劇空間夢幻工房MAプログラム講師)


「上野駅」
F50 号、キャンバスに油彩、2012 年作、¥262,500( 税込 )

「コーマルタン通り」
F80 号、キャンバスに油彩、2012 年作、¥350,000( 税込 )

「マカオの夜」
F30 号、キャンバスに油彩、2011 年作、¥210,000( 税込 )

小林冴子 : 1983~ / 大阪成蹊大学 芸術学部 美術・工芸学科 絵画表現領域 洋画工房 卒業。2004、2009、2012、2013、2014、2015、2016、2017年と個展を開催、「My Sweet Winding Road」山門ギャラリー、第33回 FUKUIサムホール美術展 優秀賞、その他コンクール入選、グループ展参加等多数2017年:横浜と千曲市で個展開催予定


「重力に引かれる光」
1620 x1315 mm F100 キャンバス、アクリル ¥180,000-

「重力に引かれる光 II」 1620 x1315 mm F100 キャンバス、アクリル ¥180,000-

鈴村優 : 1983~ / 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程卒。2013長野市に移転(SHINKOJIアトリエにて制作をはじめる)個展:SPACE-S (世田谷:2006)、かわかみ画廊 (2010~2015) 第7回高知国際版画トリエンナーレ2008、あおもり国際版画トリエンナーレ2010、第5回山本版画大賞展、他2005~2017グループ展、企画展多数参加出品


関係者スケジュール

搬出撤去:5/29

april anima(・l・)

エイプリル・アニマ(ル)

松田朕佳吉村正美
2017 4/1 – 4/9 13:00~17:00
オープニングレセプション 4/1(エイプリルフール) 15:00~17:00
@ FFS_Warehouse Gallery


春風に吹き寄せ集められた塊に魂が宿り動き始める
エイプリル アニマ
4 月の魂
軌跡を描いて、生きて死ぬ

ー松田朕佳


再び人間となって
次の自然と付き合おう

ー吉村正美




caption1
caption2

T16

タブロー16

D16(ドローイング2016)ソフトワークとの差異を明快にする当該公募企画展は、「完成体」という意味を持つ、画布あるいは板などを支持体とした平面作品(手法は問わない)を公募し、出品参加者の講評を交え、多様な顕われの併置から、作り手も受け手も等価に現代と未来を予感できる機会と捉え、以降年に一度恒常的に開催継続する。
現代のモラルに則り、販売価格を明示した売却可能展示とする。
出品参加費から、各賞付与する。賞与選考は、出品者による*企画イベントとして公開する。
Continue reading